kaori's lyrical diary


by rain-humming
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
みなさまよい新年をお迎えのことと思います。
本年も皆様にとって良き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。


2010年は、いろいろありまして。
おかげさまで八月以降は気の済むまで好きなことを好きなだけさせてもらっております。
今年は本当に頑張らなきゃいかんと思っているのですが。はー。頑張ります。頑張ります。
年末年始にどこかで聴いた曲で、「みんな自分の幸せを必死に探してる」みたいな歌詞があったんだけど、誰のなんて曲か忘れました。
妹たちと過ごす時間は、麻薬に酔ってる時間みたいに過ぎてゆく。
自由って何だろう。縛られてることが耐えられないのに自由に縛られているこの感じ。
自由の中から得られるもの。
つねに誰かの時間の中を生きている(いたい)。

誰かの時間の中を生きていたいという欲望はたぶん昔からあるものだ。
手段は何でも構わなかったのかもしれない。
出来ればそれが普遍的な方法で、色褪せもせず、出来るだけたくさんの人の中に、という思いでいた。(自分の影が欲しかった)

この頃は大切なものの大きさがそれらを越えてしまった。
詩を書いていた理由が陳腐な自己実現であっても、別にそれはそれでよかったと思う。
わたしはそれで救われていた。

どんな形であれ、わたしを覚えていてくれる人は少なからずいる。
時間を重ねてそう思う事が出来た。わたしにとってこれは人生の収穫だ。


何かから離れることにあまり躊躇いはないけど、愛さなくなったわけではない。
ここになくてもそれらはあるといまは確信がもてる。
そしてそれらに支えられてある自分がここにいる。
それは「ふるさと」を持つことで理解できたことかもしれない。
それほどまでに自分は不確かだった。


不確かな自分の輪郭が次第にはっきりしてきて、また不確かになっていって人生は終わってゆくのかしらん。そう考えたらわたしはいま一番輪郭が濃いのかもしれない。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by rain-humming | 2011-01-04 11:47 | 所感

帰省!

来週帰省します。

妹と名古屋で落ち合う予定でお姉ちゃん楽しみなのである。
最近占いの本を買ったんですが(別に人生に悩んではいない)
魚座と山羊座は不思議な親和性があるって書いてあって
そういえばダーも末の妹も山羊座で母は魚座だなとか思った。
別にそれだけで仲良しになるわけないんですけど、どうも占いといったものには弱いです。
女子は押し並べてそういうもんでしょうか。

一週間くらいいて、年末年始は香川で過ごすつもりです。
そいえば実家建て替えに当たり、住所が変わりましたので、西尾の住所に何か送ろうという奇特な方は一度黒田までご連絡ください。
この帰省中に「西尾おでん」なるものを是非食してみたいと思います。
佐久島での貝紫染めも予約済みなので行ってくるつもり。
ちなみに貝は船で取りに行かなきゃいけないそうで、材料だけ購入というのは不可だそうです。
残念。


かぎ針編みに挑戦してみたのですが、編んでほどいて、を数回繰り返したのち挫折。
技術の必要な手芸は根気がいるなあ…相性かな。
そもそも手先が不器用だからどうしようもない。
ビーズも難しい。テグスのちょっとした引き具合とかで完成度が全然違う。ビーズ自体種類も色も多すぎ。どっかの世界に落ち着いてするっていうならやっぱり手まりだな。

手まり万歳。
[PR]
# by rain-humming | 2010-11-20 22:21 | 所感

宝石箱みたいな

何か降りてくるときって、ありませんか。
発想というかアイディアというか、イメージというか。
そういうのに気が付いてしまうといてもたってもいられなくなって、
日がな一日、夜も夜通し、それを捕まえるためにあっちをひっくり返し
こっちをひっくり返し。

やりたいことはいつもいくつも頭の中にある。
(突然なくなる日もある)

こういう毎日を今許してもらえているのは本当に幸せなことだと思う。


おとといの晩から、急に自分の裁縫箱を宝物入れみたいにしたくなって、
レースやスパンコール、ラインストーンなど引っ張りだしてデコってました。
アンティークのシェルボタンとか、ガラスボタンとか、カボッションとかビーズとか
あちこちの箱やら抽斗やらいろいろひっくり返して、挙句ボンドがないと騒ぎ立て
主人はえらい迷惑してたんじゃないかと思います…
中にフェルトを張って、今まで使ってたのより少し大きめのピンクッションを作り、
糸用のゴミ箱を入れ、文香を忍ばせて完成。
作る過程は大げさですが、出来上がったものは結構シンプルだと思います。
何年も前に購入した古い飾りレースの見本みたいなのもやっと出番をあげられました。
久しぶりに納得できる感じ。あーよかった。大事に使おう。(自画自賛)

まー、そんな感じで。

もうちょっとしたら実家にちょっくら帰ります。
お友達の結婚式です。めでたいことは良いことだ。
ついでに佐久島で貝紫染め体験とかできたら万々歳。
技法を学んで、貝の採集までできたら言うことない。

一通り語りつくしましたので
どうでもよいようなことを語ります。
姑が買ってくれたお菓子が、かわいすぎて食べられないので写真に残しました。
心置きなく食べようと思います。
こんな手土産、ちょっと気分が上がりませんか。

b0014563_11533656.jpg





最近心に残った壁画。女木小学校にて。
ぜひよみがえってほしい。

b0014563_1156052.jpg





幸せな時間おすそわけ。癒されたくなったらいつでも来てね。

b0014563_1158046.jpg





こんな感じで黒田は心穏やかに生きています。
あ、香川県詩集も来たんだった。
今回の作品は、自分では結構気に入っていたりする。笑
詩でもそんな作品があるのですよ。
そういうのに限って評価されないのも世の常ですが。


手まり集も更新してますので、こちらもよろしければご覧ください。
[PR]
# by rain-humming | 2010-11-04 12:08 | 所感